発情する四十路義母 加山なつこ

夫と死別したなつこは、夫の親友と再婚した。義理の息子は、義母・なつこに反発するも魅かれていく自分に苛立っていた。ある日、なつこは息子と争ううちに、関係を持ってしまう。若い男を知ったなつこは、妻であること、義母であることを忘れ、ひとりの「女」に変わっていく。