再婚相手より前の年増な女房がやっぱいいや 円城ひとみ

年上の元妻『ひとみ』の異常なまでの性欲について行けなくなった僕は、別れを選択した。あれから数年、縁があり再婚したが、今の妻はとても淡白で、結婚してからも数えるほどしかしていない。もやもやとした毎日を過ごしていたが、偶然元妻ひとみと再会した。変わらぬ容姿とは裏腹にどこか元気が無い。幸いな事に現妻は出掛けていたので、ひとみを誘いやすく、お互いの近況など話す為自宅へと招き入れた。やはりと言うか、ひとみも再婚していたが夜の方で満足できていない様子だった。自分も物足りないと告げ、ひとみを押し倒した。