若妻の匂い それから… ゆり香

この街に越してから約半年、近所では美人で有名な奥さんと挨拶するうちに自然とカラダの関係を持つようになった。寝室で僕の玉を揉みながらガマン汁が付いた僕のカリを舌先で刺激し、お返しに玩具責めでパイパンの彼女のクリや乳房を責めると腰を浮かして昇天してしまう。その後シックスナインで互いの性器を舐め合い、僕の上に跨りゆっくりと子宮に僕のチンポが埋まっていった。見事な腰振りでロデオのように卑猥に動き、ロングヘアを振り乱しながら何度も昇天し、バックの渾身の突きで絶叫しながらハメ潮を噴射し、ガマン出来ない僕は今日も込み上げる快感と共に彼女の子宮に射精してしまった。